with gentle words
http://withgentlewords.blog81.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
  • Category *
ヴェニスで散歩しながら、気になったアルファベットなものたちをご紹介。

venice15.jpg
こういうポスターがはがされた痕なんかに ワクワクしてしまう。
ブルーの残り方がキレイだなlと。
左側の固い文字と、黒い有機的なライン(多分スプレーでのイタズラ書き)とのコントラストもスキ。


 

>>>Read more

スポンサーサイト
  • Category *
気になったこと。

あれれ?
時計台の数字が多くない? 24時間表示だよ。
venice12.jpg
↑この子は、サンマルコ広場に面してる時計台。
「V」「0」のところには 数字でも時刻がちゃんと出る仕掛け。
サンマルコの象徴、翼のあるライオン君が 守ってくれてる時計台です。

ほかの時計台も ほら。
venice11.jpg
↑の数字「1」に注目。
「J」っぽいよ、下側フックラインだよ

あれれ?
ヨーロッパの時計台って 24時間表示だったっけか?

 
  • Category *
venice10.jpg

今回のヴェニス旅行で出会った素敵なご夫婦をご紹介しましょう。

ご主人はN.Y.在住の写真家Bing Wrightさん。ご夫妻でヴェニスへいらしてました。

Wright夫妻とは、たまたま入ったトラットリアで隣の席となりました。
とてもにぎわっているお店で、席と席のあいだが狭かったのもあって、
せっかくお隣になったのだからと、話しかけてみました。
何気ない自己紹介的な会話からはじまり、日本の現代アートの話になりました。
奥さまが「Takashi Murakamiって知ってる? どう思う? Naraは? Sugitoはどう?」と話をふられ...。
し、知ってるも何も!
特にNaraさんはBig Fanです。作品持ってます。彼のぬいぐるみを使ったインスタレーションに参加したこともありますー!と興奮気味にたどたどしい英語でお話してみました。
「あら、私もNaraは好きよ。Sugitoも。現代アート好きなの? N.Y.には来たことあるの?
えー無いの? どうして来ないの? 遊びに来なさいよ。」
と、質問攻めにされ、5年以内にN.Y.に遊びに来なさい!と連絡先をいただきました。
どうやら、Bingさんの奥さまはギャラりー関係者らしい。
(キュレーションの話をしていたが、後半酔っぱらってしまって聞き取れなかった....

議論好きな米国人らしく、いろんな話題に関して「あなたは どう思う?」と聞かれ、
面白くて有意義なディナーを過ごしました。
伝えたいことの半分も話せなかったけど、自分の意見をなんとか伝えようと頑張ったのー!
現代アートも大好きで良かったー。結構たくさん見てて良かったー。

そして帰国後、教えていただいたBingさんのHPをチェックして、ビックリ。
すんごい好みの写真ばかり....。
繊細で謙虚な話しぶりだったBingさんの人柄そのものの写真。
しばらくPCの前で固まりました。
あー出会えて良かった。
絶対にまたお会いしたいご夫婦です。

 
  • Category *
同じ風景でも 時間帯によって 様々な表情を見せてくれる街、ヴェニス。
毎日 ものすごく健康的に早寝早起きしてました。

特に 早起きはオススメです。
観光客がほとんどいないサンマルコ広場やリアルト橋といったスポットはとても気持ちがいいもの。
早起きのご褒美に、グランドカナル(大運河)を染めるこんな朝焼けに出会えました。
幸せに一日過ごせそう。
venice6.jpg

まだあまり人がいないリアルト橋。ゆっくり景色を堪能できます。
朝日がカナルに反射してキレイ。
venice7.jpg

そして夕暮れともなると。オレンジに染まる建物。
ハッとするほど美しい世界。色に魅せられます。
venice9.jpg

そして日が沈み、ゴンドラの影がカナルを彩ります。
ヴェニスはそんなに大きな街ではないので、数日滞在していると、一日に同じ場所を通ることも。
それでも 毎回違って見える。いつも魅了されて、思わず立ち止まってしまう。
venice8.jpg

夕焼けを堪能した後は、バーカロ(立ち飲みバーみたいなとこ)に繰り出します。
ちょっと一杯のワインが€1.5くらい。 悪酔いなんて全然しない!美味しい。
夜は飲んで食べて会話して!の時間。 さー、飲みまくるぞー!!

 
  • Category *
ドバイで乗り継ぎ、空路ヴェニスへ。
5時間くらいのフライトです。

飛行機の窓の外に
あ。見えてきた!
venice0.jpg

さらに近づいてきた!
venice1.jpg

青い海にぎっしりと建物が密集。青と赤茶のコントラストがキレイです。
手前には途方もなく大きな豪華客船?が停泊してるのも見えます。

マルコ・ポーロ空港に到着し、ヴェニス目指してローマ広場行きのバスに乗り込みます。
料金は1人€6.5ほど。空港からは30分ほどで近くて便利。
電線好きなとしては、海+ヴェニス+電線の景色はたまらんですー!
電線がハンガーみたいやー。
いやっほぉー!(よく分からないほどテンションが上がってます)
当たり前だけど 空も海も 日本とは色がちがいます。もっと青が濃い!
venice4.jpg

ローマ広場に到着して、ホテルにむかってゴロゴロと荷物を引きずる目に飛び込んできたのは...。
venice5.jpg

運河だー、橋だー!
来ちゃったぜ、ヴェニス。
名古屋のイタリア村とは全然違うぜー! (でも意外と似てるぜー!)
...と貧相な感想を持ってしまう...。
(後で、そんな風にチラっとでも思った自分を心からアホだったと後悔する美しい風景を間の当たりにするのですが。)

でも、すぐに橋の近くで こんなんを撮影してる、文字バカな私。 あきれる相方。
「chi-、運河見なよ、運河....。 景色見なよ、景色。」

落書きされてた木材を再利用して使ってる....みたい。
アルファベットの形をギリギリとどめてる木材コラージュ。面白いぞ!
venice2.jpgvenice3.jpg
 

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

chi-

Author:chi-
やわらかく優しい
ココロとコトバを
大切に伝えたい。
カリグラフィーを通じての表現を模索中。

Grant us the serenity
to accept the thing
we cannot change.

頭カタイな私...と感じて、優しくいたいと思うときに指針にしてる大事なコトバ。

未分類 (27)
展示 (53)
カリグラフィー (125)
スイーツ (8)
映画 (8)
ひとりごと (64)
お友達 (3)
本 (11)
アート (15)
料理・レシピ (7)
音楽 (2)
旅 (11)
ご飯 (3)
ワイン (1)
イベント (17)
コトバ (5)
好きなもの (29)
クラフト (2)
レッスン (3)
定期レッスン (2)
ロゴ (15)
実験 (10)
ウェディングアイテム (16)
壁 (8)
デッサン (10)
床 (0)

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 with gentle words, all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。