with gentle words
http://withgentlewords.blog81.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
もうツブしてしまった作品ですが、
写真のアーカイブを見てて…

あ、あれ?
もしかして、意外と好きかも…と。




しまった!
しばらく放置して様子見すれば良かったなぁと
後悔しても、すでに遅い…。

制作途中で様子見のまま、壁にかかってる作品
がだんだん増えてきました。

10月に、個展がひかえてます。
毎日胃が痛いです(笑)


 
スポンサーサイト
この秋の美術教室で、ポール・ゴーギャン「ラヴァルの横顔のある静物」を
模写していたときに、メモ代わりに 作業の流れを画像に残していました。
忘れてしまう前に、作業工程も残しておこうと思います。

原画の輪郭線だけを鉛筆でコピーして描き、それをパネル(紙:鳥の子)にトレースします。
トレースにはチョーク状のパステルをカーボン用紙のように使うと、鉛筆よりも楽でキレイ。
もちろん、使うパステルはピンクや赤などのあとで馴染みの良い色で。

次に、墨+水干絵の具(泥絵具)で、骨描き(輪郭線引くこと)を面相筆でします。
この時、ずーーーっと面相筆でカリグラフィーを表現する ブラッシュ・ライティングの技を磨いてきたことが役に立ちました。 筆1本で太い線も細い線も描き分けるという訓練は、描画の世界でも通用するのだと感じます。
私が描いているところを見た日本画の先生に「カリグラフィーの筆使いについて」をたくさん質問され、興味を持っていただけたことが嬉しかったです。

骨描きが終わったら、彩色に入れます。
でもまだ岩絵の具は登場しません。
まず、全体にざっと1色の水干絵の具を薄く塗ります。(黄土系が無難だそう。)
その後、さらに水干絵の具で、色を置いていきます。
(いきなり、岩絵の具で描き始める方もいらっしゃるそうですが、岩絵の具は粒子が荒いものや細かいものもあり、粒子の大きさによっては下地の色が表に出てきやすい。そこで、下地に水干絵の具で色を入れることで、岩絵の具の発色を助けることもできる、とのこと。)
ここからの作業は 画家それぞれで異なるそうですが、地層でいうと一番下の層になるため、上に何度も重なってくる岩絵の具の色のことも考えながら、大体、3原色でブロッキングしていくと良いとアドバイスをもらいました。
ゴーギャン01
原画を見ながら、発色の良い水干絵の具を置いていきます。
遠近が無くなり、フラットなテキスタイルのように見えてきて面白いです。

ゴーギャン02
さらに、水干絵の具を置きます。
だいぶ奥行などが分かるようになってきました。
先生に、「ゴーギャンというよりセザンヌだねー。」と言われてしまいましたが、
この絵はセザンヌの影響がたっぷりなものなので、それもまた良しとして、次へ。

ようやく、岩絵の具を使い始めます。
ある程度、色を入れたところで、いったん、方解末(9番)を膠で解いて全体に刷毛で入れました。
これは、油絵でみられる筆跡や絵の具の凹凸感を方解末の質感で出そうという意図からです。
また、色が派手になり始めたので、いったん全体を馴染ませるためでもあります。

ゴーギャン03

日本画は筆跡を残さないように描くのだと、日本画を学んでいる方々が口々におっしゃいます。
でも、今回の模写では、筆跡をむしろ残すように描きました。
あとは、色面を意識した構成を意識すること。

原画のコピーを横に置いて、色を考えます。
ゴーギャン04
日本画を体験してみて、好きだなぁと感じたのは、岩絵の具を膠で練りながら、色のことや次の一手に思いめぐらす時間が持てることでした。
ザラザラの岩絵の具が膠と混ぜることで滑らかになっていく時間と、思考がまとまる時間は 心地よいタイミングで一致したりして。
あと、白の扱い方によって、質感が変わるなぁという印象。
白を描くのは胡粉を使うというくらいの知識しかなかったのですが、実は、方解末、水晶末、岩胡粉、貝胡粉と様々な質感の白があること。さらに、これらの白の粒子の大きさが変わることで、白の幅がとても広いように感じました。
そして、日本画の白は「強い」なぁとも。
この、「強い」という感覚は、例えば、壁をきれいなベージュに塗れたなぁと思っても、時間が経つと真っ白になってしまったり...という体験から。 日本画の白は下のほうの層にあっても、浮いてくるのだと感じました。

最近の私は、もっぱら、鉛筆か木炭か墨で描く、モノトーンの世界にハマっています。
でも、決して 色の世界に興味が無いわけではないのです。
岩絵の具は、同じ黒、同じ白でも、底に潜む色で、きっと深い深い世界を見せてくれるような気がしました。

 
今年の秋は、生まれて初めて岩絵の具を使って、
ポール・ゴーギャン「ラヴァルの横顔のある静物」を模写していました。
2か月くらいかけての制作。

ゴーギャン00
今年描いたなかでは、一番クリスマスっぽい色かなと思いまして。
そして、ゴーギャンが描いた絵のなかでは、セザンヌの影響がビリビリ感じられるもの。

なぜ、日本画の画材で、ゴーギャン模写なのか?
それは、この絵の構図にも関係しますが、ゴーギャンさんも例にもれず
ジャポニズムの影響をガッツリ受けていらっしゃるので、もしも、ゴーギャンさんが
生きていらっしゃるうちに岩絵の具を手に入れられたら、もしかしたら、それらを
試したかもしれない...という妄想からのお話で。
また油絵のように、日本画も いかに地層の下のほうに塗った色が表層の色に
深みを与えるのか?ということも一緒に学べたら...というわけでの
ゴーギャン模写なのです。

この完成に至るまでの、地層の色たちもまた良い趣でしたので、
その過程はまたそのうちに。

お天気がよくて、気持ちの良いクリスマスの朝です。

 
drawing04.jpg

あなたのなかで私は生きる、あなたが側にいなくとも。

モーリス・セーヴ 「デリー144番」より 
岩波文庫 フランス名詩選 渋沢孝輔氏 訳 から引用





銅版画のような、モノクロ写真のような質感をめざして
鉛筆画を少しずつ描いています。

詩の世界に酔う。
紙を知る。
コツコツ文字を書く。
余白の美しさを理解する。

これまでにカリグラフィーを学んできたことで生まれてきた 私なりの表現。

作品制作をしていて苦しくなると、リルケ著の「若き詩人への手紙」を開きます。
そして、焦りや嫉妬などの黒い妄想にさいなまれて 自分で自分をダメにしていることに
気付かされて ハッとしながらも、「あー、嫌な感情ってこんな風だったなぁ。」とその時の
気持ちをドローイングしている自分にも笑ってしまいます。
転んでもタダでは起きない、貧乏性です。

そんなリルケの文章を 新潮文庫の高安国世氏の訳で一部引用させてください。

あなたは御自分の詩がいいかどうかをお尋ねになる。 あなたは私にお尋ねになる。
前にはほかの人にお尋ねになった。 あなたは雑誌に詩をお送りになる。
ほかの詩と比べてごらんになる、そしてどこかの編集部があなたの御施策を返して
きたからといって、自信をぐらつかせられる。では(私に中元をお許しくださったわけですから)
私がお願いしましょう、そんなことは一切おやめなさい。
あなたは外へ目を向けていらっしゃる、だが何よりも今、あなたのなさってはいけないことがそれなのです。
誰もあなたに助言したり手助けしたりすることはできません、誰も。
ただ一つの手段があるきりです。 自らの内へおはいりなさい。
あなたが書かずにいられない根拠を深くさぐってください。
それがあなたの心の最も深い所に根を張っているかどうかを調べてごらんなさい。


自分が何に執着し、何を美しいと感じるのか? それは何故なのか?
様々な記憶を辿り、大切なものを拾い集める作業は、楽しくもあり 胸が苦しくもあり...
でも、そういった ギュっと心臓をつかまれるような 何ともコトバにならない感情が、
表現へと向かうための原動力となるのだろうなぁ。


 
河合塾の社会人コースに通いだして、3年目になりました。
2年みっちりデッサンの基礎を学び、そろそろ自分の描きたいモチーフを
描いていきたいと思いはじめたところです。
そんな訳で今年からは、ファウンデーショナルとプロフェッショナルの2コースを
その都度、選択しています。
コース名は何だか難しそう!ですが、画材の使い方の基礎を取得しつつ、自分の表現を
模索していくというコース。

4月は、ミケランジェロの素描を模写しています。
ミケランジェロが何を考えて、この構図にしているのか?
線の強弱、スピード、骨格の作り方などなど。

なぜミケランジェロの素描模写を体験するのか?と先生にうかがったところ、
「写真という技術が発明され、画家は写実をすることの意味を考えて
表現をしなければならなくなった。だから、現代の素描・デッサンは
ちょっと模写にはむかないと思う。
逆に、写真がなかった時代、そのモノの実存を描く・伝えるという点で
最高峰なのはルネッサンス期ではないかと思う。
ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ...この三人の素描を
模写することで、自分に無い筆致、効果的な線、対象のどこに注目して
描いているかについても学んでほしい。」 とのことでした。

絵画の世界では、写真の発明により 特に写実の世界に様々な変化が現れて
いるのは美術史をもっと深くひも解いていかないと、今の私には上っ面な
知識しか無いため、中途半端な理解しかできていませんが、
カリグラフィーの表現世界でも、印刷技術の発明により現れてきた表現の変化、
手書きであることの意味が問われるようになっていることを考えると、
きっと同じような葛藤があるのではないかと想像できます。
私たちカリグラファーも結局、基本を学ぼうと模写(臨書)をするのは、
古い写本の資料だったりする理由は、今回、先生が意図したことと同じだと
感じました。

対象物そのものを伝えたいなら、写真でいいじゃないか。
それをわざわざ時間をかけて描く意味は?
詩をニュートラルに伝えるためなら、タイポグラフィーを使えばいいじゃないか。
それをわざわざ精緻な手書き文字で描く意味は?
「描ける」という技術を見せる以外の意味は?

...考えても考えても 答えなんて無い。
常に自らに問い続けるしかないです。

さて、ミケ様の模写した感想ですが。
ほんの少しの線の強弱、ハッチングの位置や量や方向、そんなわずかな違いだけで
ミケ様は骨格を浮き彫りにしたり、頭がい骨を感じさせたり、布感を出したり...
スゴイです。無駄がない。
まだ途中ですが、だいぶ近づいてきたかな。背景の紙の汚れの雰囲気もだしつつ、
銅版画のような雰囲気を出せたらいいなぁと思って描いています。
鉛筆のグレーが綺麗なところで終わりたいです。

drawing01.jpg
右がミケ様。左が私の模写です。
もう少し、黒のコントラストを強めてもいいですね。

 

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

chi-

Author:chi-
やわらかく優しい
ココロとコトバを
大切に伝えたい。
カリグラフィーを通じての表現を模索中。

Grant us the serenity
to accept the thing
we cannot change.

頭カタイな私...と感じて、優しくいたいと思うときに指針にしてる大事なコトバ。

未分類 (27)
展示 (53)
カリグラフィー (125)
スイーツ (8)
映画 (8)
ひとりごと (64)
お友達 (3)
本 (11)
アート (15)
料理・レシピ (7)
音楽 (2)
旅 (11)
ご飯 (3)
ワイン (1)
イベント (17)
コトバ (5)
好きなもの (29)
クラフト (2)
レッスン (3)
定期レッスン (2)
ロゴ (15)
実験 (10)
ウェディングアイテム (16)
壁 (8)
デッサン (10)
床 (0)

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 with gentle words, all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。